読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらひかれ

A.B.C-Zに落ちたオタクのブログ。だいたいポエムです。

Take a "5" Train

Take a "5" Train!!発売おめでとうございます〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!(遅い)

 
 
いや〜、今回初めてタワレコオンラインで購入しまして。タワレコオンライン、めっちゃいいですね!!フラゲ日の朝7時には最寄りのセブンイレブンに到着しますって。わたし6時55分に引き取りに行きました!(フライング)(ステマじゃありません)
 
 
ラジオで初めて聴いたときから、好きだな〜!えびちゃんにぴったりだな〜!と思っていたんですが、CDが手元に来て歌詞カード見てみたら、なんだかすごく歌詞がA.B.C-Zに絡めて書いてある気がしまして。めちゃくちゃ個人的意見なのですが、グッと来た歌詞を書き留めておきたいと思います〜!!
 
 
あっ、ていうか前回のあんな深夜テンションで書いた記事にお星さまつけて頂いたり、読者になって頂いた方がいらっしゃるみたいで…。ありがとうございます;;
多分どーでもいいことしか書かないですが、暇つぶしにでも読んでやってください…。
 
 
 
それでは行きます~~~!!!!
 
 
 
Are you ready? キミを連れて行くよ (ride on)
走れ 走れ 描く未来へ (ride on)
 
まず曲の出だしですね!「準備出来てる?」「連れて行くよ」「乗れって!」ってえびちゃんたちが私たち(オタク)に呼びかけてくれてるんですね(※感じ方には個人差があります)。ここの部分で、A.B.C-Zとファンとの繋がりというか。A.B.C-Zというグループだけじゃなく、私たちファンにも一緒に行こうよ!って言ってくれてるみたいで非常に嬉しいです。それから「走れ 走れ」。ごちゃごちゃ考えてないでとりあえず行くぜ!みたいな。A.B.C-Zって決して最短距離ではないかもしれないけど、それでもとりあえず前へ進んでいくグループっていうイメージがあって(ムンウォクドキュメントでも戸塚くんが似たようなこと言ってたかも?)。そんなイメージにピッタリだな~と思いました。
 
 
 
幾千の星の (光の中へと)
 
ここも好きなフレーズです。ジャニーズ、というかそれ以外にも沢山のアイドルやタレントがいるまばゆい世界に飛び込んで行く!っていう感じですかね〜。かっこいい!!
 
 
どんな願いも 叶うわけじゃない
 
橋本くんのソロですね。ここは…、初めて聴いた時は心臓をギュッて掴まれる感覚でした。A.B.C-Zのメンバーみんながいろいろな過去を抱えていて。その中で橋本くんも辛い過去があったわけじゃないですか。最年少の橋本くんがこのパートを歌うからこそ、心に迫るものがあると思うんです。
 
 
そう 計算式はない
 
ここも橋本くんソロパートですね。なんというかすごーく失礼なんですけど、「計算式はない」っていうか、「計算できない」「計算なんかしない」って感じかな...?って。いや、お馬鹿っていうのもありますけど、考えるよりも行動!みたいな感じをすごくA.B.C-Zからは感じるんです私…。
 
 
どんなヒストリーも 無駄じゃないんじゃない?
 
戸塚くんパートですね。A.B.C-Zには長い長いJr.時代があった。でもそれが全部意味のあることなんだ!今に繋がってるんだ!ってめっちゃ前向き!ポジティブ!!好き!!!(どさくさ)
 
 
I know my story 愛していこう
 
戸塚くんて"愛"って言葉がすごく似合いますよね。たぶん戸塚くんも好きな言葉なんだろうし。戸塚くんが歌う"愛"、大好きです私。
 
 
チケット握った (My heart) 
乗り込むThe new rail
 
河合くんパート。「new rail」も好きなフレーズですね。A.B.C-Zがグループとして新しい何かに挑戦するとき、きっと切り込み隊長は河合くんだと思っていて。河合くんにはこれからももっともっと、新しいA.B.C-Zを見せてほしいです。
 
 
”ゼロ”から始まる 
僕らだけの未体験World
 
「ゼロから」、「未体験World」ってそんなのめちゃくちゃ不安じゃないですか…。なのにすごくポジティブに歌ってるんですよね。むしろ楽しんでるように感じます。えびちゃんぽい!そのあと、「Go! Go!」って続きますし!!
 
 
昨日より眩しい世界へ
 
サビは1番はじめに取り上げたのでここだけ。ここは、私は2つの意味で捉えてます。昨日より眩しくて"素敵"な世界。それから、前述したように、多くのアイドル、タレントが輝いている"厳しい"世界。そのあと「Don't stop」と続いて、眩しくて目が眩むことがあっても、えびちゃんたちは突き進んでいくんだろうな〜って思わせてくれます。
 
 
 
どんな魔法も (Be my dream!)
止められない未来 (Ah!)
 
2番の出だしですね。「どんな魔法」を使っても「止められない」…。実はここのフレーズも結構胸に刺さりました。はしちゃんを除くお兄ちゃんたち4人は、言ったらもうアラサーじゃないですか。いや、私自身男の人がより素敵に見えるのが30代だと思ってるんで、これからがすごい楽しみなんですけど(どうでもいい)。それでも時間は平等に過ぎるわけで。みんなアラサーになんか見えないしキラキラしてるし、考えすぎだと思うんですけど、いろいろ思うこともあるんじゃないかなあ…って考えてしまったり。
 
 
そう、近道はない
 
「近道はない」って理解して、そう言い切れるところにA.B.C-Zの強さを感じます。格好いい。
 
 
どんな靴でも (Go and Go!)
走れちゃうんじゃない? (Hey!)
 
ここも好きですね~!どんな靴を履いていても、履かされていたとしても、A.B.C-Zは前へ前へ走っていけるんだろうな。
 
 
I know My journey
超えていこう
 
今までの自分たちさえも越えていくってことですよね…。なんだそれめっちゃかっこいいな!!!好き!!!!!(どさくさ2回目)
 
 
幾千の色が (渦巻く中へと)
ときめいていこう (手がかりを胸に)
 
いろいろなグループがある中で、A.B.C-ZA.B.C-Zにしかできないパフォーマンスを見せてくれるし、それはきっとえびちゃんたちも同じことを考えてくれているんじゃないかな。
 
 
雨も降るけど We can enjoy it
 
雨が降ってても、それさえ楽しんじゃうんですよ!A.B.C-Zは!好き!!!!!!!!!!(3回目)
 
 
道標はあの日の僕ら (ride on)
 
 えびちゃんたちが迷ったり、悩んだりすることがあっても、けっして揺るがないものがあるんですよ…。いやお前誰って感じでホント申し訳ないんですけど、そう思ってます…。
 
 
 
手を繋いだらそっと
消えていくよ いつかのボーダーライン
 
戸塚くん、”手を繋いだら”もすっごく似合いますよね。いやなんでも似合うんじゃん、って感じですいません。なんだろう、『ずっと LOVE』の歌詞に引きずられてるのかな…?「手を繋いだら」、「いつかのボーダーライン」が消えるんですって。えびちゃんたちが5人仲良く手を繋いでる映像が脳内に浮かんでます…。平和…。お花畑も見えるような気がします…。
 
 
 
…はい!ここらへんで終わりにしときます!いや~、ほかにもまだあるんですけど、全歌詞書き起こす勢いなんでここらへんで!(すでに3000字近く書いてる)
 
サマコンで聴く(観る)のが楽しみです!!!!