読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらひかれ

A.B.C-Zに落ちたオタクのブログ。だいたいポエムです。

注:福田悠太さんと結婚したい他担オタの妄想です。

 

福ちゃんと結婚したい欲が半端ないです。気付いたら「あ~福ちゃんとケッコンしてえなァ〜」って考えてる。そうです暇人です。

 

 

福ちゃんとは友達に誘われて行った飲み会で初めて会うんですよ。もちろん合コンとかじゃないですよ?友達に「わたしもサークルのOBの先輩に誘われたんだけどさ、ひとりじゃ心細いし、友達も誘っていいよって言われたから一緒に行こ!」って誘われてなんとなく行った飲み会だったんですよ。

知ってる人全然いないし、誘ってくれた友達はサークルの先輩のテーブル行っちゃって、もういいや、会費分飲んでやろう、とか思って端っこによけてがんがん飲んでたら福ちゃんが話しかけてくれたんですね。

「すげえ飲んでるね(笑)」

つって。あの笑顔ですよ。もうこの時点で若干好きになりますね。

「なに、結構飲めるひと?」

「いや、ふつうです。ふつう」

「いやいや、飲めるひとは大体『ふつう』っていうからね(笑)」

みたいな会話して、あれ、この人なんて名前だっけ?って考えてたら隣のテーブルいた小顔イケメンに「福ちゃんそっちで飲んでるの〜?」ってきかれて「おう」って答えてるの見て、ああ福田さんだっけみたいに認識します。ちなみにそれきいたのは辰巳くんですね。辰巳くんは女の子に囲まれてお酒飲んでましたね。

「福田さんていくつなんですか?」

「"福田さん"」

「えっ、福田さんじゃないですか?」

「いや、福田さんて呼ばれることないからビックリした。みんな福ちゃんて呼ぶからさ」

「そうみたいですね」

「福ちゃんて呼んでいいよ?」

「…福ちゃんていくつなんですか?」

「んー?もうじき30!」

って言われてめっちゃビックリしますよね。自分の2、3個上かなと思ってましたからね。

そんでまあくだらない話しして食べて飲みまくって爆笑したい。たぶんそのころには敬語外れてるでしょうね。

んで、幹事の人が「そろそろお開きにするよ〜」って言って、お店出ます。飲み会にいた人たちが駅に向かう列の最後を福ちゃんと並んで歩きたい。

「今日楽しかった〜」

「わたしも〜」

ってふたりでふわふわしながら歩いてたら

「楽しかったからさ、良かったらまた飲み行こ」

って言われます。もちろん2つ返事してLINE交換しちゃったりします。

途中まで電車一緒だって分かって、ふたりで電車乗って最寄りに着いて、降りる時に「またね〜」ってふにゃふにゃの笑顔で手を降ってくれる福ちゃん。好きだ。

 

それから一週間くらいはなんも連絡とかなくって、「まあ酔ってたし、その場のノリだったんだろうな〜」とか思ってたら急にLINEがくるんですね。

[今度の金曜暇?]

[もし空いてたら飲み行こう]

ってね。ふにゃふにゃ喋ってたくせに、LINEはちょっと固い感じでギャップ感じたい。絵文字とか使わなさそう。(でもたまにキモいスタンプは送ってきそう)

[暇です]

[飲みたいです]

って可愛くない返信しますよね。この前は酔ってたから普通に話せてましたけど、相手は年上のイケメンですからね。この前会ったばっかりのひとですからね。

 

んで、当日駅で待ち合わせて適当に居酒屋入って、またべろんべろんに酔っ払いたい。この時はもうだいぶ好きになってるでしょうね。会ったの2回目だけどね。

 

そんな感じで何回かふたりで飲んで、気付いたら付き合ってた、みたいなゆるい感じで福ちゃんと付き合いたい。たぶん「付き合おっか?」って言われたときも酔っ払ってますから、そこらへん曖昧です。でもいいんです、楽しいからね。

 

 

そんな感じで2年くらい付き合った冬の日にね、福ちゃん家でふたりで鍋つついてたら

「ね、結婚しようか?」

つってナチュラルにプロポーズされたい。明日の夕飯はどうしようか?くらいのナチュラルさで言われたい。もちろん「うん」て答えますよね。

親への挨拶も滞りなく終わるでしょうね。なんてったって福ちゃんだからね。たぶん親には「あんないい人に貰ってもらえて良かったね!」みたいな感じで褒められるでしょうね。なんてったって福ちゃんだからね。

 

んで、プロポーズから1ヶ月後くらいにとりあえず籍入れちゃおうってなって夕飯の買い物行くついでに区役所行って婚姻届出します。ゆるい。でもどこまでもゆるいケッコンを福ちゃんとしたい。

その日の夕飯も鍋だったんで、ふたりで台所立って野菜とか切ってて、

「あ、ねえ、福ちゃん、鍋出しといて」

つったら

「ほいほい」

って高いところにある棚にしまってある鍋を福ちゃんが出してくれますね。優しい。

んで取ってくれた鍋をコンロにかけながら福ちゃんに

「ま、あなたももう福田になりましたけどね?」

って言われて若干照れて笑っちゃいます。「あ~そうだね〜」って返しますけどね。それ言われてもたぶん「福ちゃん」て呼び続けますけどね。

 

多分籍入れても、付き合ってたころとなんも変わらないでしょうね。変わったのは、外に飲み行くより家で飲む頻度が高くなるくらい。いいんです、幸せですからね。

 

 

 

 

……ってこんなに長々しく書いてしまいましたけど、そのくらいには福ちゃんにリア恋だってことですかね。福ちゃんと付き合って幸せになれないはずがない。

友達に「福ちゃんみたいな人と結婚したい」って言ったら「ムリだわ」って即答されましたけどね。うん、分かってるそんなこと。無理だからこそ、妄想しちゃうんだろうね。

 

読んで下さった方々、しょーもない妄想を読ませてすいません…。スライディング土下座するんで、福ちゃんに免じて許してください……(スライディング土下座)。

 

 

 

 

 

( Twitterだといろいろ申し訳ないと思ってブログのほうに書いたんだけど、Twitterもひどかった)