きらきらひかれ

A.B.C-Zに落ちたオタクのブログ。だいたいポエムです。

髪切っただけでオタクを泣かせるジャニーズアイドルって誰か知ってます?戸塚祥太って言うんですよ。

 

 

いつも読んで下さってる方も、そうでない方も、前回はクソみたいな更新ですみませんでした。わたしもあとから読んで「なんじゃこりゃ」と思いました。あのね、言い訳させてください。動揺してたんだ、いきなり自担が髪切ったからさ。許して下さい。前回の読んでないって方は読まなくて結構です。ホント、クソだから。

そんでもって今回も長いんですけどね、良かったら読んでください。それではどうぞ。

 

 

 

 

大阪の初日が終わった瞬間、わたしは新宿にいた。新宿西口のサイゼリアにいた。サラダを食べながら、夜行バスで眠れるように、と思ってお酒を飲んでいた。

ツイッターを開くと「戸塚くんが髪を切った」というツイートがあって、「あ、ほんとに切ったんだ」と最初はあまりピンと来なかった。「とっつー、このくらいに切ってたよ」という写真付きのツイートを見て、「ああこれもう絶対好きな戸塚くんだ」と思った。サイゼリアで時間をつぶすつもりだったのに、電波の悪さにイライラして、サラダを食べてすぐにお店を出た。

 

夜行バスの待合室で「なんでいま大阪にいないんだろう」と思いつつも「このまま大阪に行きたくないな」という気持ちが心の隅にあった。

大阪でオーラスが終わったら、いったん緩いオタクになろう、と思っていた。進路のことももっと真剣に考えなきゃならないし、実験だって始まるし、もっとお金を貯めなければならない。現場に行くのは何よりも楽しいけれどお金がかかる。お金を貯めるためには現場の回数を減らせばいいだけなんだと、頭ではずっと前から分かってる。

 

なのに、ねえ?タイミング????

 

 

大阪に向かうバスの中で何度も目が覚めて、耳に突っ込んであったイヤホンからは戸塚くんのソロ曲が流れていた。今年の初めには、まさか自分が大阪まで遠征するようなオタクになってるなんて思いもしなかった。仲良くしてくれているオタク友達と代々木の初日で3連してから、どこか夢の中にいるような、ふわふわした感覚になる瞬間がたまにある。朝になったら自分は大阪にいて、コンサートに2回入って、そうしてまたバスに乗って東京に戻るんだと思うと自分のことなのに他人事みたいに面白かった。

 

 

大阪2日目1部のオープニングで幕が落ちて戸塚くんが見えた瞬間、もうムリだと思った。モニターに抜かれて、眉毛もおでこも見えるくらいの短髪で笑っている戸塚くんを見たときはもっともっとムリだと思った。緩くなるなんて無理過ぎる。戸塚くんが綺麗すぎる。っていうか緩いオタクってなんだよ。

ソロ曲で上半身裸にギターを下げて出てきた戸塚くんを見たときは「ああ戸塚くんだ」と思った。代々木でも踊っている戸塚くんを見て泣きそうになったけど、大阪では楽しそうな(上裸の)戸塚くんを見て、嬉しい気持ちのほうが大きかった。大阪に来て良かったと思った。

 

オーラスではNaturallyと世界一で泣いた。Naturallyでは号泣だった。代々木でも泣きそうになったり(実際にちょびっと泣いたり)したけど、ここではほんとうにボロボロ泣けて、自分に若干引いた。

双眼鏡を覗いてたらいきなり視界がぼやけて、なんだこれ?と思ったら泣いてたんだから今考えると笑える。なんだこれ?と思っていたら、「今 優しい匂いが その空間を染める」のパートでモニターに抜かれた戸塚くんがそれはそれは綺麗で、ああ綺麗だなあと思ったら涙が止まらなくなって、となりにいたJr担の子たちにキモイと思われたら嫌だなぁなんて思ったりして必死で涙を引っ込めた。

 

世界一ではちょうど席が戸塚くんの正面だった。自分以外のパートでも戸塚くんの口がちいさく動いていて、優しい顔で口ずさんでいるものだから、ね。こんな自担見て泣くのはしょうがなくない?

大サビにいく前のはっしーのソロパート「未来へ羽ばたく」(多分)のところでマイクを両手でぎゅっと握って、少しうつむいて、目と口をぐっと閉じてた戸塚くんはものすごく可愛かった。ちいさいこどもが、自分のお気に入りのおもちゃを抱きしめてるみたいな。戸塚くんがもうじき30歳なんて信じられない。信じてない。

 

 

代々木ではそれほど双眼鏡を使うことはなかったのだけど、今回はこれでもかというくらい双眼鏡をのぞき込んでいた。一瞬も逃さないで戸塚くんを見ていたいと思った。

 

正直にいうと、(時間があいたからか)代々木の戸塚くんがどんなだったか思い出せないのだ。どんな顔をしていたかとか、ぼやけてしまっているどころか殆ど思い出せない。だけど今回の大阪で入った2公演は、これから先もずっと忘れないんじゃないかと根拠もないことを思ったりもしている。

 

 

少し前、少クラでの一件があったとき、多くの人がそうだったように、わたしも結構悩んでいた。一瞬だけど「この人の担当を降りたほうがいいのかもしれない」レベルで悩んでいた。(そんなの無理だと思ったから一瞬でその考えは消えたけど。)

そんなところまで落としておいて、いきなり髪を切って、あんなに最高のビジュアルで出てくるなんてずる過ぎる。しかもコンサートで。あんなに綺麗で格好いい自担を生で見せられて、もう二度と降りるなんて考えられないんじゃないかと思った。ずるい、ほんとうにずるい。

 

少クラとかのいろいろがあってから、A.B.C-Zというグループに対してアレコレ言う人たちがいるのをツイッターで見て(まあそういう人たちは前からいるんだろうけど、あの時期にすごく増えた気がする)、それで自分の中の"A.B.C-Z"も揺らいだ瞬間があって、でも彼らは"アイドル"だから、言い方は悪いかもしれないけれど"商品"だから、そこまで真剣に考えなくていいんじゃないか、自分が良いと思う限りお金を出せばそれでいいんじゃないかと思い至った。(ここらへんで「緩いオタクになれるんじゃないか」と思ったわけなんだけど。)(ここらへんの話は前にもここに書きましたね。)真正面から向き合わなくても、(お金さえ払えば)彼らは楽しいものや時間をくれるんだって気づいたのだ。一歩引いたところにいても大丈夫なんだって。

だけどさ、大阪が最高だったから、せっかくそこまで至った考えがまた壊れたというか。だって、ね、あんなに向き合ってくれるんだもの。こっちが横目で見ようとしても、させてくれないんだもの。向こうから「こっち見て!」って言ってくるんだもの。

 

回りくどくなったんだけど、なにが言いたいかってA.B.C-Zは最高って一言に尽きるんですけどね。とやかく言う人たちのことなんてもう知らないよ。だってわたしは最高だって知ってるから。はしちゃんがいて戸塚くんがいて河合くんがいて五関くんがいて塚ちゃんがいるA.B.C-Zが最高だって知ってるから。がやがや言いたい人たちは勝手に言ってればいい。わたしはわたしの目で見てきたものを信じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きょう10月5日。ABC座、初日おめでとうございます。オーラスの思い出に浸ってたらもう次が始まるって。オタクが立ち止まろうとしても、そうさせてくれないA.B.C-Z最高すぎる。また素敵な時間と思い出をくれるって信じてます。長い公演になるけれど、身体に気をつけて、ラストまで走り抜けてください。