読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらひかれ

A.B.C-Zに落ちたオタクのブログ。だいたいポエムです。

わたしにとって「書く」ということ

ひとりごと

 

 

このブログを始めて3か月が過ぎた。現場に行って感じたこと、テレビを見て思ったこと、それらをこの場所に文章として残す癖が、最近やっとついてきたように感じる。

 

このブログを始めるまで、普段の生活で文章を書くことなんてほとんどなかった。大学の課題で実験レポートは書いていたけど、文章という程でもないし(というか3年後期に入った今ではそれもなくなってしまった)。

 

もともと私は「書く」ということに対して苦手意識を持っていた。小学生のころから夏休みの宿題には読書感想文、秋には学校文集にのせる作文(『しょうらいのゆめ』とかああいうやつ)を書いていたけれど、それらはとにかく苦痛だった。どういうことを伝えたいかより、用紙のマス目を埋めることに必死だった。

そんな私が「書く」ことに初めて真剣に向き合ったのは中学3年の冬だった。

 

 

高校受験を控えていた私は、第一志望の高校にどうしても入学したかった。入試には前期日程と後期日程があって、前期入試では小論文と面接、後期日程では5教科の学力試験で合否が決まった。学力試験に自信のなかった私は前期日程に賭けることにした。それで落ちたら志望校のレベルを落とそう、と決めた。

 

志望校の小論文試験は短い文章を読み、それについて自分が思ったことや考えたことを800字にまとめる、というものだった。「これは練習しないとダメだ」と思った私は、当時臨時で国語を教えてくれていた若い女の先生に「毎日小論文書くので、添削してもらえませんか」と頼みに行った。

その先生は24、5歳だったと思う。ショートボブで小柄の可愛らしい先生だった。臨時で来ているその先生に、そんなめんどくさいことをお願いして申し訳なかったなあと今でも思う。それでも先生はふたつ返事で引き受けてくれた。

 

先生のところにお願いしに行ったのが確か12月の初めで、それから2月の中旬にあった試験の前日まで(学校が休みの日以外)毎日、先生に小論文を見せに行った。新聞の投書欄にあった記事の中から自分の興味のあるものをひとつ選んで読み切り抜き、原稿用紙のマスが印刷されているノートにそれを貼って、自分が思ったことを文章に書いた。先生は文章で直したほうがいい部分に赤線を引き、小さな文字で「ここはもっと具体的に」とか「自分が体験したことを入れよう」と書いてくれた。たまに文章に波線が引かれることがあって、その部分は「とても良い表現だと思います」と褒めてくれるのだった。

 

クリスマスも冬休みの間の大晦日やお正月も、毎日書いた。そうして試験前日になった。そのころでは波線が引かれる部分が多くなって、自分の書く文章に自信が持てるようになっていた。いつも通り放課後に職員室にいるはずの先生からノートを受け取ろうとして教室を出たら、私の教室まで先生が来てくれていた。「はい、これ。明日は頑張ってね」と言って返されたノート。とうとう明日なんだ、と思うと緊張で「ありがとうございます。頑張ります」としか返せなかった。

 

家に帰ってノートを開くと最後のページに付箋が貼ってあって、『〇〇さん あなたの書く文章は真っすぐで、正直なところがとてもよいと思います。明日はいつもどおりに頑張ってね』と書いてあった。

試験の日にはそのノートを持って行った。最後のページだけ何度も開いて、何度も心の中で先生がくれた言葉を読んだ。

 

 

小論文は自分でもよいと思うものが書けたし、それで安心して、その後の面接も緊張せずに終えることができた。そうして私は一番入りたかった学校に合格することができた。

合格がわかって先生に報告すると、ものすごく喜んでくれた。親と同じくらい喜んでくれて、それが私も嬉しかった。

 

 

卒業式の日には先生に手紙を書いた。感謝を伝えようと思ったのに、うまく言葉にできなくて、結局ありきたりな内容しか書けなかった気がする。「ありがとうございました」と言って手紙を渡すと「ありがとう。高校生になっても頑張ってね」と言って受け取ってくれた。

 

 

 

 

 

あれからもうすぐ6年が経つ。今では中学3年生だった自分より、あの時の先生の年齢のほうが近くなってしまった。あのノートは実家の本棚にしまってある。

 

 

 

 

ありがたいことに最近、このブログで書いた文章を褒めて頂くことが増えた。ブログを始めたのも、文章を書きたいと思うようになったのも、間違いなくA.B.C-Zと出会ったからだと思う。文を書くときは、今も先生に貰った言葉を忘れないようにしている。これからも自分の感じたことを、”真っすぐに正直”に”私らしい”文章で書きたいと思う。

 

 

 

 

 

(今回ほとんどジャニーズ出てきませんでしたね!すいません……!)