読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きらきらひかれ

A.B.C-Zに落ちたオタクのブログ。だいたいポエムです。

もうすぐ自担が30歳になります。

 

ってこんなタイトルで壮大なポエムになる気がしてなりません。

本当は戸塚くんのお誕生日に合わせて書けばいいかなとも思ったんですけど、そのとき思ったことはそのとき書いたほうがいいかなって。だから書き始めました。たぶんしょーもないことをだらだらと書きます。悪しからず。

 

 

 

戸塚くんに落ちて、A.B.C-Zに落ちて、気が付くと1年以上が過ぎていた。落ちた当初は茶の間で楽しく応援できればそれでいいや~と思っていたはずなのに、あのころ考えていたのとはずいぶんとかけ離れたオタクになってしまった。まさかこんなに現場に入ることになるなんて。去年のわたしが知ったらびっくりするんだろうな。

たとえばTwitterで仲良くなったひとたちと実際に会ったりするなんてことも、以前のわたしからすれば考えられないことだと思う。気の合うオタク友達と入る現場はすごく楽しい。そうじゃなくても、現場がない日でもご飯を食べてお酒を飲んだり、お茶したり、「みんなかわいい~!かっこいい~!」って話したりするのもすごくすごく楽しい。

大学の友達には少し前から「最近ちょっと変わったね」「楽しそうだね」って言われるようになった。だってすごく楽しいもの。あ~そういうのって周りから見てもわかるものなのか~、てか自分どんだけ浮かれてるんだよ!って恥ずかしくなったこともある。

 

お芝居を劇場に見に行ったり、夜行バスに乗って遠征したり。20歳を過ぎてからこんなにも初めて経験することが多いなんて、楽しいなあと思う。

 

あれもそれも、みんなみんな戸塚くんに落ちてから始まった。アイドルってやっぱりすごいなあと、そんな感想しか出てこない。

 

戸塚くんのせいで(せいで、というのも変だけど)考え込んだり、時には考えなくて良いことまで考えてしまうこともあるけれど、いつでも退屈させてくれない戸塚くんがやっぱり好きだなあと思う。あのひとは、たまに不器用過ぎて、でもきっと”アイドル”というお仕事をするには真っすぐ過ぎるひとで、きっとしんどくなることもあるんだろうなと思う。それでも続けてきてくれたことに「ありがとう」って言いたくてたまらない。

戸塚くんを好きになったから出会えたひとたちがいて、行けた場所があって、見られた景色がある。ほんとうにありがとう。これからも応援します。

 

 

もうすぐお誕生日。どうかすてきな1日になりますように。