きらきらひかれ

A.B.C-Zに落ちたオタクのブログ。だいたいポエムです。

百名ヒロキくんの話をします。

 

 

ジャニオタになって始めたこの場所で、まさかジャニーズじゃないひとの話をすることになるなんて。ほんとにおもしろい。人生ってなにが起こるかわからない。まあこれはちょっと大袈裟だけど。

 

 

彼がその道に進むと決めたとわかったとき、皮肉なものだなあと思った。わたしが好きになったのは舞台の上で役を演じている彼で、それでもそのときは正真正銘のアイドルだった彼が、まさか演技の道に進むために、その道をきわめるためにアイドルをやめてしまうなんて。思ってもみなかった。

 

わたしが好きになったのはアイドルだった彼だから、って思ってたけど、彼がブログを始めて自分の言葉で想いをつづるようになって、舞台の共演者さんたちと笑顔で写ってる写真がツイッターに流れるようになって、「あ、やっぱり好きでいるのをやめたくないな」って思った。でも、アイドルじゃなくなった彼にも「好き!」って言いたいと思ったけど、どうしてなのか分からないけど「それでいいの?」って声がどこからか聞こえる気がしていた。わたしはアイドルが好きでしかも担当にしてるひとは他にいて、それなのにアイドルをやめた彼のことまで追いかけていいの?って声がずっと聞こえてた。

 

だけどやっぱり好きでいるのはやめられなくて、アッシュグレーだった髪を黒の短髪にして、百名ヒロキと名乗って、アイドルを脱ぎ捨てても彼はやっぱり彼だった。すごくすごく好きだなあと思った。

 

彼をどう応援すればいいのかなんてわからないし、わたしが百名くんの演技をこの目で観られるのはまだ先になりそうだけど、それでもやっぱり百名くんが好きだ。わたしが始めに好きになったのは仲田くんだったけど、それと同じくらいいまは百名くんのことが好きで、応援したいと思う。これがわたしの結論です。

 

この答えを出すのに随分と時間がかかってしまった。ほんとうは『百名ヒロキ』くんを生で見てから答えを出そうと思ってたんだけどそんな必要もなかった。ひろきはひろきだもんね。

 

 

アイドルだった彼の話はもうしない、って以前書いたけれど、これは役者としての彼の話だからってことでね、うん。

 

 

 

役者 百名ヒロキくんの初舞台が最高のものになりますように。もっともっと百名くんの活躍の場が増えますように。百名くんの今日と明日と明後日と、その先もずっとずっと百名くんの日々がしあわせにつつまれますように。

 

たくさんの祈りをこめて、