きらきらひかれ

二大担当制

ゆめからさめて

 

 

2/17、ミュージカル『マタ・ハリ』観劇してきました。

 

なんていうか、久しぶりにちゃんとした(ちゃんとした、の基準も謎だけど)ミュージカルというか舞台を観たなって。これは個人的にの話だけど。

第一次世界大戦中のヨーロッパが舞台になっているんだけど、こういう所謂「戦争モノ」を観て思うのは、街で暮らしてる普通のひとたちにも一人ひとり、それぞれの人生が、物語があるということ。性格的な問題で「平和って大事だよね!」とか言えるタイプじゃないけど、それでもたくさんのひとたちが恐怖にさらされて、自らの意志無しに命を落としていったことは忘れちゃだめだなあと思います。

主人公のマタ・ハリが、ほんとうに美しくて、つよくて。彼女を「娼婦」なんて言ってる台詞もあったけど(そして実際にむかしは娼婦だったのだけど)、でも彼女に惹かれてしまうのはたぶん女だからとかじゃなく、ひととして美しいからだと思った。「愛に国境なんてない」と言ってしまえる彼女が踊るからこそ、虜にさせられてしまうんじゃないだろうかと思った。

 

 

 

 

本題に入ります。

 

ほぼ、1年ぶりくらいに推しをこの目で見ました。

わたしが最後に観たのは帝国劇場で、まだ「仲田拡輝」を生きていた彼だった。2017年の2月が終わると同時に退所して「百名ヒロキ」として帰ってきた彼を見るために、国際フォーラムCで、普段ジャニオタだけやってたらまず観ないであろう本格派のミュージカルを観劇したんだから、人生ってなにが起こるか分からない。ほんとうに面白いなと思います。

 

幕が上がってすぐに彼の出番があって、うす暗い戦渦のなかを逃げ惑う彼がいるんだけど、出てきた瞬間に「ああ、あれだ」と分かってしまった自分がいた。舞台の上で演じている彼をみとめた瞬間にどうしようもなく泣けてしまって焦った。また彼のことを観られて嬉しいとかそういう感情ではなくて、ただそこに、ほんとうに存在していたことに驚いたというか。

 

 

わたしはアイドルって「夢」の体現だと思っている。いろんなファンがいて、それぞれ見たい夢が違うから、だからいろんなアイドルがいる。ファンには見たい「夢」を選ぶ選択肢がある。

 

2016年10月の日生劇場で、わたしは仲田くんを見つけた。彼がわたしに見せてくれた夢はいつでも穏やかであたたかかった。そしてその夢は、あっという間に、突然終わってしまった。終わり、というのは目が覚めたというわけではなくて。眠ろうとしても夢に潜れない、ずーっと続く無彩色の世界だった、と今考えるとそう思う。彼が百名くんとして帰ってきてからも、たぶんわたしは仲田くんの夢から覚めずにいた。

 

舞台の上に立つ百名ヒロキとしての彼は、どこまでもリアルだった。

 

わたしは心のどこかで仲田拡輝を探して舞台を観に行こうとしていたんだと思う。だけど幕が上がってそこに立っていたのは百名ヒロキでしかなかった。わたしがなかなか終わらせられずにいた仲田くんの夢を終わらせたのは、百名くんだった。

 

 

ずっと、去年の3月からずっと、胸の奥底で思わずにいられなかったことがある。なんで自分は仲田くんを見つけてしまったのだろう、なんで好きになってしまったんだろう。好きになってからあんなにもすぐに消えてしまった仲田くんを、わたしは好きになった意味があったんだろうかと。…こう書くと語弊がありそうだから弁明しておくと、これは感傷的な感情ではなくて、単純な疑問だった。なにかを好きになるのに理由とか意味なんてなくてもいいんだろうけど、そういうものを探してしまうあたり、自分ってちょっと卑しいなあと思ったりもするけれど笑。

 

 

舞台に立っている百名くんを観て、わたしが仲田くんに出会ったのは、百名くんに出会う為だったんじゃないかと思った。というか、そう思うことにした。そのくらいに百名くんは良い役者だったから。演劇とか詳しくないし、演技の上手い下手もわたしはよく知らないけれど。でもわたしは百名くんの演技を観て、心が震えたから。

 

 

ピエールが「飛ぶのが怖い」と、「死にたくない」と訴える場面がとても好きだった。恐怖の感情で塗られた顔が、だんだんと覚悟に染まっていくところがとても良かった。百名くんは良い役者だ。そしてたぶんこれからもっともっと良い役者に、きっとなる。

 

 

百名くんを観るのがずっと少し怖かった。観たら自分の中の仲田くんが消えるって思っていたから。けれどいま、仲田くんはわたしの中にちゃんといる。こんなふうに書くのはちょっと恥ずかしいけれど、ちゃんと、しっかりと、思い出として昇華できたんだなあと思う。言えなかった仲田くんへの「さようなら」をようやく言える。いままでは「ありがとう」しか言えなくて、「さよなら」が言えずにいたから。

 

 

 

仲田拡輝くん、素敵な夢をありがとうね。ほんとうにほんとうに楽しかった。さようなら。

 

 

 

 

前のブログで「これで仲田くんの話は最後にする」って書いてた気もするけど、その約束を破ってしまった笑。これでほんとのほんとに最後にします。

 

 

百名くんに幸あれ!

 

 

 

 

 

f:id:m160321:20180218144256j:plain